キーワード検索順位追跡について【メイン説明】

calendar

reload

自分の商品が売れるようにするために重要なポイントは

『購入者目線で考える』
『購入者の心理を探る』

ということです。

そこで、以下の質問について考えてみましょう。

アマゾンで商品を購入する際、
あなたならどうやって商品を見つけますか?

単純に、素直に考えていてください。

おそらく大半の皆さんは、

キーワードで検索をして探す

と答えるのではないでしょうか。

アマゾン購入者の8割以上が「検索経由」で
商品を購入しています。

もう一つ重要なデータを紹介します。

購入者の中で、検索結果の2ページ以降まで
見に行く人はわずか30%にも満たない

この事実は非常に重要です。

どんなによい商品だとしても、
検索結果の1ページ目に表示されなかったら、
あまり売れないということなのです。

ですから、多くのパワーセラーは、

「購入者が検索した際に、1ページ目の上位に表示されているか」
という点を最重視し、努力を続けているのです。

その検索キーワードが
購入に直結するものであるほど売上を生み出し、
上位に出るキーワードが多ければ
比例して売上もアップしていく、ということにつながります。

こういう場合に使えます

・自分の商品ページを上位に表示させたい。

・どういうキーワードにしたら商品が検索されるのかを教えてほしい。

・重要なキーワードが何かを知りたい。

・設定したキーワードの需要が知りたい。

・キーワードの検索順位を知りたい。

・キーワード検索順位の推移を知りたい。

解説動画

キーワード検索順位追跡を絶対に使うべき理由

いつも同じブラウザ、同じ端末で検索&特定の商品をクリックしていると
googleと同様、Amazonでも検索結果がパーソナル化されていきます。

どういうことかというと、よくクリックする商品やそれに関連度が高い商品が
検索上位に掲載されるようになるのです。

Google Chromeであれば、シークレットモードで検索をすると
正確な検索順位が表示されるのでぜひ確認をしてみてください。

ちなみに、PCとスマホでも検索結果が微妙にですが異なります。

キーワード検索順位追跡機能はパーソナル化の影響を受けない仕様になっているため必ず商品に関する売れ筋キーワードを登録、監視していくようにしてください。

画面上部の表示について

1、商品登録

あなたが販売している(もしくは追跡したい)商品の
ASINを登録します。

ボタンをクリックすると以下の画面が出るので
ASINを入力し、登録ボタンを押すと登録できます。

2、登録済み商品一覧

登録済み商品の一覧(画像)が
表示されています。

画像をクリックすると
その商品の欄に移動します。

3、登録可能なキーワード数

ここに表示されているのは、

(現在の登録キーワード数 / 登録可能なキーワード数)

です。

追跡キーワード サジェスト出力&登録の使い方

追跡キーワードサジェスト出力&登録 ボタンをクリックすると
以下の画面が出ます。

1、商品をクリック

ASINを登録した商品の一覧が小さな画像で
掲載されていますので、調査したい商品をクリックします。

2、サジェスト出力キーワードを入力

選んだ商品の中から最も検索するのに使われていると思われる
キーワードをここに入力します。

出力キーワードを入力して、
①キーワードサジェスト ボタンをクリックすると
以下のようにサジェスト結果が表示されます。

このサジェスト結果は、
アマゾン内でよく検索されている関連キーワードです。

3、追跡キーワード登録

サジェスト結果の中から
自分が調査したい商品と関連性が高いと思うものを選び
チェックを入れます。

そして、②追跡キーワードへ→
をクリックします。

すると、「追跡キーワード」欄に
そのキーワードが表示されますので、
③キーワード新規登録 をクリックすると
そのキーワードの追跡調査が始まります。

4、←サジェスト出力キーワードへ の使い方

サジェスト結果ボックスの下にある
以下のボタンの使い方について説明します。

たとえば、以下のように「iphone」といったような
キーワードで検索するとサジェスト結果は以下のようになります。

iphoneに関して言えば、
本体、ケース、充電ケーブル、保護フィルムなど
関連商品が多数あります。

上記のサジェスト結果では、漠然としていて
あまり設定するキーワードとしてはよいとは言えません。

そこで、もう少し具体的なものにしていく必要があります。
その際には、以下のようにサジェスト結果の中から
さらに掘り下げたいキーワードにチェックを入れます。

そして、『←サジェスト出力キーワードへ』をクリックします。

すると、以下のように選んだキーワードが出力キーワード内に
表示されます。

再び『①キーワードサジェスト』をクリックしてください。

上記のように新たなサジェスト結果が表示されます。

5、追跡キーワード直接登録&編集

『追跡キーワード サジェスト出力&登録』機能を使わずに、
直接、追跡するキーワードを登録・編集することも可能です。

ASIN登録した商品が上記のように一覧となっています。

確認したい商品をクリックすると、以下のように追跡結果画面が開きます。

その中に以下のように+ボタンがあるのでクリックします。

すると、以下のような画面が出ます。

ここでキーワードを追加、編集することができます。

検索順位追跡画面について

検索順位追跡画面の見方を説明します。

【重要】

検索順位追跡は1日1回更新されていきます。
登録されたらすぐに表示されるわけはありません。

まず、ASIN登録した商品が以下のように一覧で表示されています。

確認したい商品をクリックすると、以下のように追跡結果画面が開きます。

1、間近月の月間ボリューム

一番左に表示されているのが
間近月の月間ボリュームです。

そのキーワードがどれだけ検索されているか
の需要度がわかります。

※できる限り直近のデータを掲載していますが、
一部のキーワードでは過去のデータもしくは過去12ヶ月間の
平均月間ボリュームを利用している場合があります。

2、検索順位グラフ&検索順位

以下に検索順位のグラフと
検索順位(現在の順位と前日の順位との比較)
が表示されています。

この検索順位とは、
追跡調査している商品のアマゾン内での
検索順位を表しています。

3、大グラフを表示

折れ線グラフの右側(★マーク部分)をクリックすると
以下のように大きなグラフで確認することができます。

もう一度、同じところクリックすると
大きなグラフが隠れます。

メモ機能

グラフ上でクリックをすると以下の画面が出ます。

商品ページの変更や広告などの施策を実施した際は
グラフ内になどをメモに残しておけば
施策以降、どのような変化があったのかを確認することができます。

4、アクション

アクション内には以下のボタンがあります。

アマゾンで検索結果を見る

そのキーワードで検索したアマゾンの検索ページを
確認することができます。

キーワードを削除する

登録されたキーワードを削除することができます。

★こちらのサイトで解説している内容に関しましてご不明な点や

「この部分を説明してほしい」というリクエストがございましたら

サポートフォーム よりご連絡ください。

なお、?のところにマウスを持っていくと、詳しい説明が見られますので、
わからない時はご参照ください。(以下は一例です。)